生きているということは誰かに「借り」を作ること

「上を向いて歩こう」という坂本九が歌っていた歌。

私があの歌を歌う時は、悲しいけれど、やっぱり生きていかなければ。。そんな思いの時に出てくる歌でした。だから、あの歌を歌う時は、いつも涙がこぼれてしまう私でした。

それが、永六輔さんが作詞されたものだったということ、今日初めて知りました。60年安保に敗北した時の心情を書いたものだった、ということも知りませんでした。

昨日の参院選挙での結果で、「歴史的な」日を記す記事の横に、もう一つの「昭和の灯」が消えていたという事実に残念さと無念さで心が沈みます。・・・

ところで、彼が遺した言葉に、「生きているということは、誰かに借りをつくること。生きてゆくということは、その借りを返してゆくこと」というのがあります。ああ、これほんとだなと思います。

私はまだまだ、いや、ほとんど全く、借りを返せていないので、作った借りを返していくためには、かなり長いこと生きて行かないといけないな、と思います。

さらに、永六輔さんが作詞し、自ら歌った「生きるものの歌」に、こんな一節があるということを知りました。

「私が この世を去る
その時 愛はあるか
その時 夢はあるか」

いつでもどこでも、どんな状況に置かれても、私もこの同じ質問をして、生きて行きたいなと思います。

最後に、「上を向いて歩こう」、私も大好きな歌なので、歌詞をここにコピーしておきますね。

上を向いて歩こう
涙がこぼれないように
思い出す春の日
一人ぼっちの夜

上を向いて歩こう
にじんだ星を数えて
思い出す夏の日
一人ぼっちの夜

幸せは雲の上に
幸せは空の上に

上を向いて歩こう
涙がこぼれないように
泣きながら歩く
一人ぼっちの夜

思い出す秋の日
一人ぼっちの夜

悲しみは星の影に
悲しみは月の影に
上を向いて歩こう
涙がこぼれないように
泣きながら歩く
一人ぼっちの夜
一人ぼっちの夜

スピリチュアルヒーリングとスピリチュアルコーチングのDr.アマナのTOPへ戻る

Copyright © ルミナクリエイション All Rights Reserved.

Log in with your credentials

Forgot your details?