内なるギフトを花開かせて幸せな人生を歩くには

あなたの内なるギフトを開花させて、心の自由とお金の自由を得る人生への途の第一歩は、まずは「本当の自分」に正直に生きることを選択することから始まります。そしてそのことは、魂の使命やあなたのミッションを知ることにつながる大きな一歩になります。

幸せな人生を歩く第一歩はコレ

誰でも私達の内には、魂の使命が輝いて花咲くのを待っています。

魂が私達に託した使命は、それぞれ、本当にユニークで、その使命を成就する為に使うようにと、私達の内に賜っているギフトも、誰一人として同じではないということです。

そのギフトを使って、魂の願い」、心から湧き溢がる情熱を感じることをビジョンにして、適切に行動していけば、あなたは心の自由と経済的自由を得て、心から幸せな人生を歩むことになるでしょう!

じゃ、どうすればそのギフトを花開かせて、魂の使命を成就しながら、喜びを感じる人生を歩いて行けるのでしょう?その一番の秘訣は、「本当の自分」に正直に生きること、だと私は思っています。

「自分に正直に生きる?簡単だわー。いつも大好きなチョコレートを食べながら、ゲームで一日を過ごしたらいいんよね!」

と勘違いされると、ちょっと待った!と言うことがあります。

「自分に」正直に生きるということと、自分の「気持ち」に正直になることは違うのです。

 

自分の「気持ち」に正直になることの罠

「自分に」正直に生きるということと、自分の「気持ち」に正直になることは違うと書きましたが、それはどういうことでしょう?

自分の「気持ち」に正直になるとは?

気持ちというのは、感情です。

人生の様々な場面や局面で、私達が経験する出来事に対して、どんな風に感じるかというのは、過去の体験の蓄積からの脳のフィルターや、その時の「気分」や「体調」などで、いくらでも変化するのです。

そして、いくらその「気持ち」が、「本当の」気持ちであっても、1週間後には変化している可能性もあるわけです。

【自分の「気持ち」に正直になる】ということで、その時々の「気持ち」で物事を選択していると、自分自身の選択の軸がないので、後で後悔する選択をしたりする可能性もあるし、また、人との関係でも一貫性がなくて、信頼されなくなる可能性もありますね。

 

本当の自分に正直になるとは?

一方で、感情は、「本当の自分」に正直に生きることを選択する為の「乗り物」になります。

というのは、私達は、「本当の自分」に正直に生きていない時、心の奥に何か、満たされないものを感じたり、閉塞感や、疎外感や、空しさ。。といった気持ちに苛まれたりすることが往々にしてあって、その「気持ち」に耳を傾けて正直になることから、次の一歩が見えてくることがあるのです。或いは、

「こんな生き方をする為に生まれて来たんじゃない!」

「こんな状態を続けて年を取るなんて、考えられない。絶対に嫌だ!」

そんな叫びが心の中に聞こえた時、それは魂の叫び、「本当の自分」の叫びだと言えます。

 

動機やきっかけは何であれ、「本当の自分」を知りたい、「心から願う夢を叶えたい」という真実の心の声に従って、一歩を踏み出して、「本当の自分」に正直に生きる選択をすることから、「魂の使命」を成就する旅は始まります。

 

因みに、それは、「会社をすぐに辞める」とか、「すぐに今のパートナーと別れる」とかというものではありません。

まず、「内なる探求」を始めるということです。

すべて、「内」から始まりますからね。

 

自分に正直に生きる選択は「英雄の旅」を生きること

このように自分に正直に生きる選択をして、「内なる探求」を始めることを、深層心理学者で「集合的無意識」の唱道者であるユングは【英雄の旅】への旅立ち、と呼んでいます。

「真の自己」を求める内なる探求の旅です。

この「英雄の旅」に出発する決意を固めて出発すると。。実は、様々な「試練」が訪れます。。

自分の世界に現れる現象は、自分の内なる世界の鏡なので、私達は、自分の「心の闇」を外の世界の「現実の試練」として、様々な形で体験します。

その現実の試練は、内なる「心の闇」が一つ一つクリアーになっていくに従って、一つ一つ克服されていくのです。そして、最後に、試練がギフトに変わり、そのギフトを仲間のところに持ち帰り、世界に貢献する。。それが、「英雄の旅」です。

ユングが描写した試練の内容はここでは省略して、私達が共通して通過する大まかな試練について、以下でお話します。

 

試練 1)他者と比較して自分を蔑ろにする意識

 

最初の「心の闇」は、「自分なんて。。」という意識です。

その意識は、劣等感や、対人恐怖症その他、様々な心の緊張やストレスから由来する精神的不調をもたらす深いレベルの原因となる可能性もあると思います。

「自分は大したものではない」というこの意識は、この社会に蔓延している妄想で、集合意識として、根深いものがあります。

他者と比較したり、社会が「完璧に素晴らしい」とする基準を満たしているかどうかで、自分や他者を判断することは、「本当の自分」をありのままに見る「目」を曇らせ、ありのままの自分の真実を知ることを妨害して、その逆の方向に行ってしまうことになります。

だから、まずは、比較しないと決めること。そして、誰もが重要な存在で、自分自身、世界で唯一無二の役割を持って生まれて来たということを事実として知ることが必要です。

 

ネイティブアメリカンは、例えば、道に落ちている石を使う場合、その石がそこに存在していることの「意味」や「役割」を尊重して、必ずタバコのオファリング(捧げ物)をしてから、その場所からその石を持ち帰ります。

フェリーニの「道」という映画にも出ているように、どんな石ころでも、世界で唯一無二の役割があるということ、このことをいつもあなたの心に留めておきましょうね。

 

試練 2)自分の中の怖れ

私達は誰でも、人類の集合無意識が保持している「怖れ」を心の深いレベルに持っています。

その怖れがどのような形として人生に出てくるかは、各人異なります。でも、私達は深いレベルでは一つにつながっているので、どんな人でも、心の深いレベルには、何らかの「怖れ」を持っていると想定することができます。

私達が、本当の自分に正直に生きようとする時、避けて通れないのが、自分の中の恐れと直面することなのです。しかも、この「怖れ」は、私達が本当の自分に正直に生きて、その途を歩くその道中、ずっと、何らかの形で、或いは、次のレベルに進めば進んだだけ、形を変えて、パワーを変えて、私達に訪れます。

でも、そこには、それを真に克服した時には、尊いギフトになるというカラクリが存在するのです。

 

「本当の自分」を知り、「本当の自分」に正直に生きることは、きれいごとのスピリチュアルや自己啓発プログラムが言うような、あっという間に、何の苦労もなく、いつの間にか夢を実現しているということは期待しない方が賢明ですね。

それとは逆に、過去に味わったことのないような、痛みや孤独を味わうこともあるかもしれません。先の見えない不安や恐れに足がすくむことも、あるかもしれません。

でも、それらに目を背けることさえしなければ、目を背けずに、それらをありのまま受け留めて行けば、それらは実は、自分のギフトや使命や役割を知る大きな手助けになるものだ、ということがわかるのです。

 

興味深いことに、今でも、映画や、コピーライティングのスクリプトで使われている「ヒーローズジャーニー」(英雄の旅)は、魂レベルの「自己発見の旅」と同じ構造を示しています。

【本当の自分に正直に生きて、魂の使命を実現して、真の意味で人生の成功を得るプロセスは、必ず挑戦や困難がある。。】

これを知ったら、「何で私だけ。。!?」という意識は薄くなって、困難や挑戦をありのまま受け入れる気持ちになるのではないでしょうか。。?

 

試練 3)「他の誰か」になるのではなくて、自分自身をそのまま受け入れること

三つ目の試練は、「自分自身をそのまま受け入れること」です。

自分自身をありのまま、「良い」も「悪い」も、判断しないで、苦痛に満ちた人生の止むことのない葛藤や痛みをすべて受け容れるという受容を体験することによって、自分の使命や役割を悟り、自分が授かったギフトを発揮して、それを自分の「王国」に持ち帰って、人々の為に使うことができるわけです。

この三つ目は、「内なる根源」の聖なる愛とつながることで、容易く可能になります。「内なる根源」の聖なる愛とのつながりに関する課題は、他のブログでもお話していますので、どうぞ参考にしてください。

 

「内なる根源」とのつながりを基礎にすると、このブログでお話ししたプロセスは、思うほど難しくないことに気づくことでしょう。「カムナフトミチオンラインコース」は、瞑想によるセルフワークと、動画と、一斉遠隔エナジーワークによって、6ヶ月間のコースですが、「英雄に旅」をよりスムーズに歩くのを、優しくサポートします。コース修了時には、あなたはいつの間にか変化していることに気づかれることでしょう。

「カムナフトミチオンラインコース」を紹介する無料ウェブセミナーは、こちらからお申し込み可能です。

「カムナフトミチオンラインコース」そのもののご紹介は、こちらをご覧ください。

 

スピリチュアルヒーリングとスピリチュアルコーチングのDr.アマナのTOPへ戻る

Copyright © ルミナクリエイション All Rights Reserved.

Log in with your credentials

Forgot your details?