なぜこの方法が【必ず大丈夫】なのか

芽吹き前回のブログの最後に、魂の意識とのつながりを直接感じなくても、ただ、繋がっているつもりになって「言葉」に出して言うだけでもいい、「必ず大丈夫!」と書きましたが、アマナの「きれいごとではないか」という声を想定して、今日は【その声に対する反論?】を書かせていただきますね。

これは、例えば、私自身が長い間苦しんだ内なるメッセージ、「努力しないと愛されない」、「ありのままの私は受け入れられない」、「まだまだ不十分」・・などを、書き換えることができるのはなぜか、という説明とも通じます。また、これは、潜在意識とは何か、ということとも関わることです。

・・・

まず、潜在意識とは、一言で言えば、「身体感覚意識」と表現できるものかもしれません。その身体感覚意識は、創造のカムの物質=意識で作られていると考えられていますが、環境によって進化し続けるもので、物理的身体の寿命を終えても、その記録はそのエーテル体に記録されていくようです。

よく言われる「霊体」とは、この身体感覚意識のエーテル体を指すと考えられます。身体感覚意識は意識があり、私達に【感情】や、【身体の感覚】を通してメッセージを送ってきてくれます。

ところで、魂は、潜在意識とは別のもの、です。魂は、創造主といわれる「中心意識」の分身です。その意識は、多くの次元に同時に存在している多次元的存在です。魂は、創造主の分身の粒子で、それを与えられているのが、人間の特徴なのです

この宇宙のあらゆるものは【相似】しています。

創造主が意図とビジョンを持ち、指令を発して、創造するのと同じように、私達の魂は、それと同じことを行うことが可能なのです。

その一方、潜在意識は身体感覚意識であって、物理的な身体意識の一部である感情や考えは、身体感覚のエネルギー体にプログラムされたメッセージや信念に反応して、それに合った現実を作ろうとします。

魂は、肉体に宿る時、無条件の愛が、宇宙根源からあらゆるレベルを貫き、肉体の身体意識にまで具現化するはずなのですが、身体感覚意識の葛藤や古い信念があると、それが現象化するのをブロックしてしまうわけです。

身体感覚意識である潜在意識は、それがどういうものかわからなくて、扱い方を知らないと、私達の感情や反応を支配するモンスターのように感じられますが、一旦、それが何なのかがわかると、そこに刻まれたパターンなどを書き換えるのはそれほど困難なことではないのです。
書き換えの鍵は、潜在意識言語=五感です。五感で感じて書き換えるのが難しければ、よく言われるようにイメージです。

書き換える際には、感情もリアルに感じることができればもっといいですね。潜在意識にとっては、その言語を使う場合、現在も過去も未来も、「空想」も「現実」も、区別がないのです。だから、その「空想」が「現実」なんだと受け取るまで、何度も書き換えることですね。

・・・

しかも、たんに五感を使うだけでなく、根源=魂の波動から書き換える、ということ。それが、なぜ、非常にパワフルかというのは、以前のブログにも書いたように、波動の精妙さが異なるのです。そして、魂は、創造主の分身です。そのレベルから書き換えることの意味は・・ もう明らかですよね。でも、このことはとても大切なので、また書きますね。

・・・

因みに、私の「魂の自己実現」のプログラムでは、そのやりかたもお教えして、実際に日常で活用していただきますよ!

 

スピリチュアルヒーリングとスピリチュアルコーチングのDr.アマナのTOPへ戻る

Copyright © ルミナクリエイション All Rights Reserved.

Log in with your credentials

Forgot your details?