プランドハップンスタンスと「魂の自己実現」の密な関係

【「魂の使命」を追求する生き方は豊かに稼ぐことと相反するのか?】ということについてのお話です。「成功者」に共通する資質を身につける際に、一番の基礎になるものは何かということを考えると、両者は相反するものではないどころか、非常に密接な関係があることがわかります。このことを、【プランドハップンスタンス理論】の考え方が、うまく説明してくれています。

はじめに

先日、マーケティングで有名なD-出版のある「億越え会社」のコンサル兼社長の方と話す機会があったのですが、私のコースの「魂の自己実現コアライトワーク」という文字を見た時、私にこう言いました。

コ) 「魂の使命」?それって、多分、天職、天命の部類やね。そしたら、僕のポジション、「とにかく、儲けろ」「儲けることから始めろ」というポジションを批判して、つぶさないとアカンよ

私)「え?どういうこと・・?」

・・・

実際の会話はもっとあるのですが、ここでは省略して。。明らかにその方は、稼ぐことを優先する彼のポジションは、「魂の使命」云々を言う私のポジションと、敵対関係にあると考えてそう言ってきたのです。

じゃ、魂の使命を実現しようとする生き方は、豊かに稼ぐことと相反するのか?と言う疑問が出てきます。今日は、この疑問について、「反論」したいと思います^^

結論は、全く相反しないということです。

それどころか、「使命」の意識を持っているということが、「成功者」に共通する資質を得る上での基礎だ、ということがはっきり言えるのです。このことを、【プランドハップンスタンス理論】の考え方が、うまく説明してくれています。

 

プランドハップンスタンス理論

あなたは、「プランドハップンスタンス(計画された偶発性)」という言葉をご存じですか?これは、スタンフォード大学の心理学者クランボルツ教授達が提起したキャリア理論です。

彼の研究グループは、ビジネスパーソンとして成功した人のキャリアを調査したところ、

【彼らのキャリアが成功に転じたターニングポイントの8割が、本人の予想しない偶然の出来事によるものだった】

という調査結果がでてきたということです。そして、その事実を基にして、提唱されたのが、「プランドハップンスタンス理論」だということです。

実は、この理論は、「魂の自己実現」のプロセスととっても相性がいいのです。

というか、【ある重要なこと】が抜けていること以外は「魂の自己実現」のプロセスそのものを語ってくれていると思います。

 

プランドハップンスタンス理論ではキャリアで成功するコツとして、

1)予期せぬ出来事や出会いにオープンでいること

2)チャンスに出会ったら、行動や努力で、新しいキャリアにつなげること

3)受け身に偶然性を待つのではなく、意図的に行動することでチャンスを自分で作ること

といったことを柱にしています。

 

そして、そのような状態を作るために必要な資質は、

1.好奇心
2.諦めない持続性
3.楽観的であること
4.柔軟性
5.冒険心

といったもので、これらの資質を持つ人に成功のチャンスが訪れやすいと言います。

 

成功者に共通する「5つの資質」を得る為に必要なもの

さて。。上記のこのような資質は、何によって作られると思いますか?

私は、これらの資質を持つことができるのは、自分の心の奥にある願い、心からの想い、情熱。。
だと思います。

そのようなものがない状態、心から願うことや、生きる目的や、方向の見えない人生で、どうやって、上の5つの資質を持つことができると言うのでしょう?
少なくとも、私だと来週から生きて行けなくなりそうです^^;

 

それじゃ、人生の目的、方向性、ビジョンや、心からの願い、情熱、それは、どこから来るのでしょう?それは、心の奥からやって来ます。しかも、すごく小さな声でささやくので、私達は、簡単に無視することができます。

その小さな声は、「魂の声」です。

魂が私達に、私達の「命」をこのように「使」ってねと、私達に託していること=「使命」を伝える声なのです。

「魂の使命」は、心の奥で、自分の人生で追求したいこと、「本当に求めていること」です。

それが、現実レベルでどんな形を取るかは、出会いや偶然によって変化しますし、それが実現するプロセスも様々です。「魂の使命」は、とても抽象的なレベルのものなのです。

その魂の想い、意図につながることなく、例えば、社会的に評価されているからとか、親がそれを望んでいるから、といった、外部の声を基準に選択すると、「プランドハップンスタンス」の5つの資質は、身につけようがありません。

 

要約すると・・

プランドハップンスタンス理論でうまく行く人達は、5つの資質を持っていると言いましたが、これらの資質は、多くの成功者に共通した資質だ、ということです。

それらの資質が身につく際に、前提になっていることがあるということです。

その前提となっていることこそ、情熱、心からの願い、大志、といったもので、それが「魂の使命」だと言うことです。

 

「成功者」に共通する第6の資質:ミッション(使命)

実は、この「使命」、「ミッション」というものが、本人達がそれをどう名付けようと、意識しようとしまいと、「成功者」が共通して持っている第6の資質なのです。

「魂の」という形容詞はついてなくても、関係ないです。

私の理解として、それは「魂のレベルから来ている」と考えているから「魂の使命」と言っているだけで、「使命」と言っても、同じことです。

つまり、自分の命を、何の為に、誰の為に、使うのかということ。

この自問は、生涯続くことだと思います。

如何にやるか、何をやるかということは、手段であって、私達の全く自由です。如何にやるか、ということは、人生のステージに応じて、その時その時変化します。

こうして、人生は、偶然の出会いや出来事の冒険に満ちた旅だと言うことができるわけですね。

 

使命の意識(ミッション)のない人の人生

「使命」の感覚のない人は、北極星という目指すもののない状態で、船が航海しているのと同じです。
大嵐で一番最初に沈没するのは、どの方向に行けばいいかわからず、右往左往する船です。

 

先ほど、「成功」者が持つ6つめの、一番重要な資質は、
「使命」の感覚、「使命」の意識、つまり、「ミッション」を持っていることだと言いましたが、

「成功」ということを、手にしたお金の金額で定義するなら、「ミッション」がなくても、「成功」することはもちろん可能です。

でも、そんな「成功」は長続きしません。

 

時代の変化や出来事で、簡単に消えてしまうことも大いにあり得るのです。

例えば、過去、ITバブルと呼ばれた時代、創業間もない経営者達は、株式上場と株価の高騰によって
数億円、数十億円の資産を手にして、都心の高級高層マンションに自宅を構え、高級車やヨットを買って、湯水のようにお金を使っていたといいます。

でも、ITバブルの崩壊によって、そのほとんどが‘泡のように社会から消えて行きました。ある人達は、多額の借金を負うことさえありました。彼らはなぜ消えて行ったのでしょうか。

それは、「自分は何の為に生きているのか、何の為にビジネスをしているのか、何の為に会社を作り、お金を稼ぐのか」というミッションがなかったからだと思います。

今でも、状況は変わらないと思います。

お金を稼ぐこと、利益を出すことは、ミッションを実現する為の手段なのです。ミッションを実現する為にはお金が必要だから稼ぐし、利益を出して、ミッション実現のサイクルを回していくということです。

 

使命が明確な人の人生とビジネス

使命が明確であると、北極星が明確になるので、行動力ができ、持久力、持続性が生まれます。

使命に価値を置いていたら、
○○でなければならないという堅い在り方ではなく、使命を成就するために、様々な状況に柔軟に対応する在り方になります。なぜなら、「使命」は、非常に抽象的なレベルのものだからです。

そして、魂の声に導かれているから
必ず大丈夫、という想いがどこかにあって、楽観的になります。

楽観的なので、冒険心もあります。

人生は単調な繰り返しではなく、様々な経験や出会いから学び成長する機会で、年齢に関係なく、
成長する喜びを感じ続けます。

 

このように、出会いや出来事の偶然が、次のステップへと導き、心からの願いや夢への途が
意外な形で展開し、人生でも仕事でも「成功」を手にする。。

これが、多くの「成功者」が辿る途だということです。

この状態を「プランドハップンスタンス理論」は語っているということなんです。

そして、「魂の自己実現コアライトワーク®」のコースは、まさに、成功者に共通する5つの資質を身につける最短の、効果的な方法を提供しているということなのです。

 

「魂の自己実現コアライトワーク®」コースが成功者に共通の5つの資質を身につける最短の途である理由

「内なる根源」とのつながりがもたらすもの

なぜ最短で、効果的な方法だと言えるのか。。

その理由は、「内なる根源」とのつながりを深めてその波動を活用するからです。

1)魂の声に気づきやすくなる

まず、自分の内に存在する「神我」と呼ばれる部分とつながり、その波動を使って重いエネルギーをどんどん浄化していくと、自分の魂の声が聞こえやすくなってくるわけですね。

自分の「内なる根源」の精妙な波動を使うことで、最短で効果的に、それらの資質を身につけることができる、ということです。

 

2)気づきと浄化が起こる

それだけでなく、聖なる愛の波動で、私達のエネルギー体を満たすということを繰り返すと、意識の波動がシフトしていきます。

意識の波動がシフトしていくと、人生や出来事を、「俯瞰した愛の視点」から見ることができるようになります。そうすると、人生の困難や苦難も含めて深い意味が理解できるようになり、感謝の気持ちで一杯になったりするんですね。

たとえば、「あの「毒親」のせいで自分はどんなに苦しんだか~!」

そんな風に長いこと思っていたことでも、ある時フト、自分がこのことを体験して学んで、このことに気づくために「毒親」の役割を引き受けてくれたんだ~!

そんな風に思える瞬間がやって来て心からの感謝で一杯になったりする。。
そんなこともあります。

そんなことが繰り返されて行くと、どんどん、自分のエネルギー体から重いエネルギーが消えて行きます。

3)日常生活を営みながら「エンライトメント」の状態に至る

エネルギー体から、重いブロックが消えていくと、自分をジャッジすることもなくなり、他者と比較することもなくなっていきます。

そして、他者をありのまま受けとめることができるようになります。

さらに、言葉や行為だけでなく、存在自体から「愛のエネルギーが」放射されていくようになります。

この最後の部分は「エンライトメント」と言われるような状態と似た波動状態ではないかなと思います。私達は、「エンライトメント」するために洞窟に入って瞑想ばかりするんじゃなくて、普通に生活しながら、自分の内の「根源」とつながることでそれが可能になっていくのです。

でも、それで現実生活の方はどうなの?という疑問があるかもしれませんね。

 

4)意図を実現しやすくなる

実は、この「根源」の波動の意識から意図することは、現実化の為の最もパワフルな方法なのです。

現実化のためには行動に移す必要がありますよね。

精妙な意識のレベルから意図すると、身体はその意図通りに動いてくれるのです。なので、本当に、
行動に移せないという問題はなくなります。

実際、私なんかも、例えば、朝起きて、その波動から1日のやることを決めると、大体、身体はその意図通りに実行してくれます。

その意図がハードワークすることを必要とするものだと、最近、股関節が痛んでしまったように、身体は無理してしまう傾向があるので、気をつけないといけないなと最近思っている次第です^^;

まとめ

「魂の使命」を追求する生き方は、豊かに稼ぐことを手段としているので、お金の金額で「成功」を測りませんが、結果的に、お金を追求する在り方でビジネスをする人達よりも、長期にわたって「豊かさ」を実現していくことが可能になります。それが「使命」の実現は進化していくものだからです。

プランドハップンスタンス理論は、そのプロセスをうまく説明してくれているということ、ご理解いただけたでしょうか?

人生もビジネスも冒険ですね。楽しんでいきましょう!

Copyright © ルミナクリエイション All Rights Reserved.
>

Log in with your credentials

Forgot your details?