家族継承トラウマ解放と「魂の使命」:スターシード

 

「レムリアンヒーラー」の波動

私は、6月のシャスタ山でのワークの為に、参加の皆さんの為にクリスタルを買ったのですが、私の分も同じように買いました。そのクリスタルは、「レムリアンヒーラー」と呼ばれるもので、私が買ったのは、ほんの4センチ程の小さなクリスタルです。

シャスタ山でのワークでは、皆さんの為にしたのと同じように、自分自身の為にも、そのクリスタルともう一つのクリスタルに、シャスタ山のエネルギーと私の意図を吹き込んで、ペアの片割れだけをシャスタ山に埋めて、意図のエネルギーが流れ続けるように祈りました。

日本に戻って来てからは、瞑想時にたまにそのクリスタルと一緒に瞑想しているのですが、そのクリスタルと瞑想するたびに、天と繫がるチャネルをオープンするようにと励まされているように感じるのです。

瞑想中、そのクリスタルに意識を向けると、私の意識は大きな宇宙空間にシフトし、心からの懐かしさと愛おしさに包まれます。そのスペースで、私は、「私達それぞれが、この世に生まれた目的、心からの願いを実現していくミチをどうか見守って導いてください。」と、ご縁のある人達の為、そして、家族と私自身の為に、心から祈りを捧げます。

今日は特に、瞑想時に、そのレムリアンヒーラークリスタルを手にしながら、シャスタ山のエネルギーにつながり、シャスタの祈りのワークに参加された方達の意図を思い出していました。

そうすると、その祈りを代表して行うことができたことに心から感謝の気持ちが溢れ出て、「私達それぞれの魂の使命が成就しますように。。」という私の祈りに呼応するかのように、私の中の「何か」が応えて、涙が滝のように流れ出し、瞑想中、止まることなくずーっと流れ続けました。いつもこのような祈りはしているのですが、心が静かで平和で、思考がない意識状態の中で、こんなに涙が出たのは、本当に久しぶりです。

私は、カタカムナはレムリア文化の末裔だと思っています。1992年から1994に受け取った「カタカムナカミ」からの情報も、そう伝えていました。

シャスタで出会った小さなクリスタルとのご縁が、その波動を通して、レムリアの波動領域、しいてはカタカムナの世界へとつないでくれるように感じます。

 

「家族のカルマ」と「魂の使命」

実は、「レムリア」は、私自身とても縁が深い文明です。

因みにアトランティスやレムリア文明が、実在した文明であることは、東大で教鞭を執っていた地球物理学者の竹内均氏が、様々な資料によって実証されていて、とても興味深いです。(例えば、竹内均『ムー大陸から来た日本人』徳間書店、1980年)

レムリアやアトランティス時代に生きた記録を、潜在意識に持っている人は結構多いように思います。この私のブログに導かれてきたあなたも、そうかもしれませね。

中でも、「スターシード」と呼ばれる宇宙から転生して、地球での転生が比較的少ない魂は、レムリア・アトランティスの頃に地球と関わり、その後、地球の転生システムに自ら入った場合が多いみたいです。実は、私の魂もその一人です。

でも私は、「スピリチュアルな理解を3次元の世界に統合する」ために、日本で活動を始めて以来、いやその前から、いわゆるニューエイジの情報から長い間、遠ざかっていました。でも今朝、たまたま何気なく見ていた文章:

「スターシードと呼ばれる魂は家系のカルマを代表で解消していく役目を負っていることが多い」

と書かれたの一行を見て、目が点になりました!いろんなことがすべて一直線につながった瞬間でした!

 

なぜ「家族のカルマ」の解放なのか

家族のカルマの解放を通した地球の意識の進化

ところで、私のクライエントさんには、自分は精一杯生きているのに幼い時から、親からいつもつらく扱われたり、厳しい待遇を受けたり、苦しい状態からなかなか抜けでることができない。。

「ありのままの自分では愛されないんだ」というメッセージを潜在意識に刻み込み、或いは、
「頑張っても認められない」、「価値がない人間だ」と言われ続けて、いつの間にか、価値あるものを受け取ることに後ろめたさを感じてしまう。。

そんな方が多い傾向があります。

私自身もそのような体験を経てきている、ということから、そのようなご縁を引き寄せて来たのかなと思っていたところがありました。でも、今朝のその言葉で、それだけじゃないということが腑に落ちました。

地球の意識の進化にとって、家族のトラウマの解消が必須なのです。

なぜなら、家族のトラウマは、「宿命」のように個人の運命を規定するもので、それをクリアーしないと、人間の本来のチカラが発揮されないのです。人間の意識が本来の自己を忘れた状態でい続けるということは、人間自体が、2極対立の争いを繰り返して、不幸が継続するということを意味します。これは、地球の意識の進化にとっても、問題になってくるわけです。

 

「家族のカルマ(トラウマ)」の解放に必要なこと

それでは、家族のカルマ(トラウマ)をクリアーする為に、何が必要でしょうか?

それには、高度に精妙な意識の波動を自らが体現して、高度な知識とスキルをマスターする必要があります。それ以上にまず、その「宿命」のように苦しい足かせを自ら体験することが必須になってくるのです。なぜなら、体験しないことにはそれをクリアーできないからです。

もしあなたが、家族の中で、自分だけが違う。家族には理解されない苦しみを感じているなら、あなたの魂は、あなたに家族を代表して家族のトラウマを解消するという、そんな役割を課しているのかもしれません。

でも、「そんな役割なんかいらないから、このしんどさをなんとかしたい!」って思うかもしれません。よくわかります!

私も、過去、一時、「魂」なんて言葉も聞きたくないくらい、「魂は心が冷たい。私の苦しみなんてわかってくれない。」って、呪っていたことがありました。どこまで辛い思いをさせたら気が済むの?いい加減にしてよ!って。そして、「何で私はこんな家族に生まれたのか」と、家族がしんどくて仕方がなかったのです。

 

魂の役割のレベルでは、「障害」もチャンス

でも、魂の視点から人生を観るにつれ、自分にとっての「障壁」の存在が、何かの役割を担ってくれたことに気づいたのです。そうすると、私の「魂の使命」の為に、それぞれの役割を担ってくれた家族に心から感謝の気持ちも湧いて、しんどい体験をした自分にも「お疲れさん〜」と、心でありがとうと伝えて、次を進んでいくことができました。

でも、そのような気持ちになるには、まず【それを体験する】というプロセスが必要だったのです。

つまり。。魂のレベルでは、例えば「毒親」も、他の手段では得ることのできない、或いは、得ることができても、なが~い時間がかかってしまうような貴重な機会を提供してくれているんですよね。

魂のレベルでは、障害やネガティブな出来事も、チャンスだということ。。

これは、私達が「スターシード」であるかどうかに関わりなく、魂のレベルから観ると、必ず見えてくるものがある、ということです。

だから、それを【体験した】ということは、【魂が自分に託した仕事を一歩クリアーした】ということを知りましょうね。「体験して、まだ潰されずに生きている」ということだけで、まず合格ですよ!

大きなハードルは越えているのです。あとは、その「後遺症」から抜け出すだけ。その抜け出すプロセスは、潜在意識のパターンの解放ワークや、家族トラウマの解消のワーク、根源エナジーワークを統合して、私のセッションでもサポートしています。「一生もの」のトラウマでも、何回かのセッションでクリアーされて行きます。

 

一歩を踏み出そう!

★ブロックに遮られて、次に進めないでいると、そのうちに、と思っている間に、人生でその時にしかできない経験を逃してしまう可能性があります。一人で苦しんで、貴重な人生の機会を逃すより、思い切ってサポートを受けてみて下さいね。

★あるいはまず、「家族の集合無意識」と魂の関係について、基本的な知識を得て下さい。

それは、「トラウマの家族連鎖解放」オンライン講座で、詳しくお話ししています。よかったら、ご視聴してみてください。

 

スピリチュアルヒーリングとスピリチュアルコーチングのDr.アマナのTOPへ戻る

Copyright © ルミナクリエイション All Rights Reserved.

Log in with your credentials

Forgot your details?