今年の冬至を境にエネルギーが大転換する!?

Planet_Earth_1

 

今、エネルギーに敏感な私の友人達の間では、今年の冬至を境に、エネルギーが大転換するということが語られています。それはどういうことなのか、なぜ、そう感じる人が多いのか・・・。今日は、今年の冬至について、少しお話ししたいと思います。

冬至は、1年で一番夜の長い日、つまり、陽の光の最も短い日です。それは、闇の中から新た光が大きくなり始める時、古いモノが死に、新しいイノチが再生する、その転換点です。私達のイノチには、宇宙の月や太陽や星の位置との関係が、深い影響を与えています。その影響の在り方には必ず周期があります。

例えば、古代マヤの人々は、大きな宇宙的規模での地球のサイクルは、26000年であるとし、2012年12月21日を新しいサイクルの起点として捉えていたと言われます。その新しいサイクルの前半は、東洋の陰陽思想で言うと、「陰の時代」を特徴付ける時代です。それは、「愛と調和、自然との共生、情報化、直観、右脳、知恵、創造性、潜在意識、生命、女性性、コミュニティ」などのキーワードで表すことのできる世界です。

そして、過去の文明の転換の周期や、世界の状況、数霊、等に基づいて、「近い将来に、その時代に向けて、大きな変動が起こるだろう」ということは、少数の人々の間では知られている予見です。その大きな変動が、突然、急激に起こるのか、或いは、より穏やかに、緩やかな変化として起こるのか、それは、私達の意識状態によって変化すると思われます。

・・・どちらにしても、今、時間の流れが加速して、どんどん変化が早くなっています。今現在と過去は、同じように時間は進んでいない、ということです。例えば、最近気づいたことなのですが、私の意識したことや考えたことが、他人や自分の現実に投影される時間が、非常に早くなっています。時間の差がほとんどないように感じます。例を挙げると、私は、「○○が必要だ」と思うと、予想しないところからそれが提供されることがよくあるように思うのですが、その実現の期間が短くなっているように思います。因みに、「実現のコツ」は、またお伝えしていきたいと思いますが、「開放系」のキイワードにヒントがあります。

要するに、新しい時代の流れに合わないものは、早く手放した方がいい、ということです。そして、宇宙的エネルギーがそれを手放すのにベストな 時は、宇宙や自然の循環のエネルギーが、闇と光、死と再生の転換点となる【冬至である】ということです。特に、大きな変動の前である【今年の冬至である】ということです。

12月22日の冬至の「手放しと浄化」のオンラインワークショップには、携帯電話からでもアクセスすることが可能で、根源遠隔エナジーワークは、いつどこででも受け取ることができます。ぜひ、今年の冬至に、新しい「私」として生きていく為の楽しい準備の一時を、共に過ごしましょう。

 

スピリチュアルヒーリングとスピリチュアルコーチングのDr.アマナのTOPへ戻る

Copyright © ルミナクリエイション All Rights Reserved.

Log in with your credentials

Forgot your details?