【本当の自由へ1】「前世」からのエネルギーを解放

今日から何回かに分けて、精妙なエネルギーによって起こった、私の、強烈な「浄化」の体験、「タマネギの一皮」が剥けた体験をお話しします。

こんなお話しを通して・・・私達が【本当の自由】を生きるとはどういうこと?私達がこの世界で感じる生きづらさ、不自由な感じからどうしたら解き放たれていけるのか?・・・そんなことを考える材料になればと思っています。

それは、いかに精妙なエネルギーが個人の古いパターンを変化させるか、ということの一例です。

それは、18年も前のことです。私がアメリカでLight Bodyをベースにした多次元的エナジーワークで、Physical, Atomic and Cellular Evolution(PACE)の周波数を学んだ後のことでした。

因みに、「周波数を学ぶ」というのは、高次のスピリット、光の存在から、それらの波動を受けとり、それを体感し、体験し、【身体と意識が覚える】ことを通して「学ぶ」のです。

PACEのエネルギーは、Athabascarという存在から学んだのですが、レーザーのようにシャープで、シバ神のエネルギー、破壊と再生の非常にパワフルなエネルギーなのです。

New Yorkでそのワークショップに参加し、バークレーの家に戻ってすぐに・・・・・肺が痛くなり出したのです。肺が苦しくて、呼吸するのがとても困難な感じで、「息が出来ない」・・・・・しかも、それと同時に、本当に深い【悲しみ】胸がえぐれるような【慟哭】が、身体の奥から湧き上がって来るのです。

その悲しみがあまりにも強烈で、「こんな状態では生きていけない!」と思ったくらい、胸が痛く、悲しみが強烈で・・・・・当時小学生だった二人の娘の、アメリカ生活で唯一の保護者として、機能できなくなりそうな状態でした。

あまりに突然に、強烈な苦しさと悲しみに襲われ、泣いても泣いても、涙は涸れず、自分ではどうすることもできませんでした。それで、New Yorkのワークショップで出会った友人が、Flow Alignment & Connectionsという多次元的エナジーワークのプラクティショナーであったのを思い出し、遠隔でワークを頼んだのです。

一回目のワークでは、タールのように重くなったエネルギーが肺の辺りにこびりついているような感じで、それが、なかなか浮き上がって来てくれない、そんな状態でした。

普通、精妙なエネルギーを送ると、内から精妙なエネルギーに満たされ、重い波動のエネルギーは、浮き上がっていって、剥がれ落ちるのです。しかしその時、私の肺に滞っていたエネルギーは、タバコのタールのように、肺の辺りに頑固にこびりついていて、浮き上がって来てくれないのです。

その時、その友人のチャネリングは、ある「過去生」で、私は・・・・・ある宗教グループが迫害に遭って、全員が殉教死してしまった、そのグループのリーダーだったこと、そして、その人達が感じた悲しみを自分に引き受けたというのです。

自分でそれを観たとき、それが起きたのは、キリストの死後、数十年後くらいの時期だと感じました。

ここで、私の過去生がどうとか、私がリーダーだったとか、何者だったとか、そんなことは問題ではなく、要点は、私が、他の人達の悲しみを取り入れたということ、そして、今生でもそのエネルギーが留まり、私に影響を与えていたということです。

・ ・ ・ ・ ・

彼女の提案に従って、私は、聖なるスペースを作り、その殉教死した人達の、悲しみのエネルギーを光の世界に送り、彼らの全ての部分が光に還るように、お祈りしました 。そのお祈りをしている間、一人一人の顔が眼前に浮かんで来たのを光に送ったのを、今でも鮮明に覚えています。

・・・・

友人の遠隔エナジーワークと、このセレモニーによって、ようやく、1ヶ月半後くらいから私の肺の痛みはましになり、2ヶ月から3ヶ月後くらいには、悲しみも消え去ることになります。。

ところで、みなさんは、身体の臓器と感情との関係をご存じでしょうか?悲しみの感情は、肺の部分に宿るようです。怒りは、肝臓、怖れは、腎臓です。「支配」に関するものは、胃の辺りのようです。

私は、生まれて直後、肺炎を患い、両親はほとんど諦めかけたくらい、ひどい状態だったようです。そのことからも、「悲しみ」は前世から持ち越されて来たもののようです・・・

昔の私は、客観的状況から言えば、「幸せ」であるはずなのに、いつもどこかに、重い感覚があり、他者の困難を見ると自分の「恵まれた」状況に罪責感を感じる・・・ そんな パターンがどこかにあったように思うのです。

そう、それは、私が意識で努力しても、無意識のレベルから刻印されていた・・・  そんな感じです。

その後、その重い感覚やパターンは、いつのまにか消えてなくなりましたが、 ・・・・ この体験は、多くのことを示唆しています。それは、他の生れ変わりの体験が、今生でも、身体のある部分にエネルギーとして残り、思考や感情のパターンに影響を及ぼすということ。そして、意図と結びついた精妙なエネルギーは、今でもそれを溶かすことができるということです。このことの意味について次にお話ししています。こちらの記事をご覧ください。

 

スピリチュアルヒーリングとスピリチュアルコーチングのDr.アマナのTOPへ戻る

Copyright © ルミナクリエイション All Rights Reserved.

Log in with your credentials

Forgot your details?