絶対に実現しない夢実現法

 

こんにちは!今日は七夕。

1年に1回、織姫と彦星が再会することができる日。そして、「願い事をすれば叶う」と言われて、私も幼い頃、幼稚園で、5色の短冊に願い事を書いて、竹の笹に吊したのを覚えています。

私達は誰だって、「願い事はいつでもできる」ことは知っているんだけれど、「七夕」の夜は、なんとなくスペシャルですね。夏の夜空を眺めているだけで、ちょっと幸せな気持ちになります。

ところで、ネットを見ていると、「七夕の願いは、いくつまでしてもいいでしょうか?」ということをマジに質問している人がいますね。そして、それに対して、「七夕の願いは、自分への願掛けなので、いくつでもオーケーです。」「10個くらいがいいのでは?」などと、答えている親切な人達がいます。

でも、もし私達が、願い事が叶うことを本当に望んでいるなら、沢山の願い事を一度にお願いするのは、間違いなんです。今日は、【夢実現のコツ】についてお話ししますね。

 

夢実現のコツは「一定期間一点集中」

「願い事を叶えるには、たくさんの願い事を一度にお願いするのは間違いだ」と書きましたが、その理由は、例えば、

「試験に合格しますように」

「素敵な彼氏と出会いますように」

「○○さんの病気が良くなりますように」

「可愛い赤ちゃんが生まれますように」

「商売が繁盛しますように」等々。。

いろんな願い事は、私達の「内なる神」が聴いているもので、そのほとんどは、私達が行動したり実践したりしないと実現しないことだからです。

私達は、願い事を一時に沢山頼まれても、ちょっと無理〜!って思いますよね。要するに、願い事を実現させるコツは、【一定期間、一点集中】コレです。

実は、私はいつも、複数の領域のプロジェクトに同時に関わってしまうのが、若い時からのパターンでした。一つのことだけを追求して、ということができなくて。。というよりも、いつも異なる領域をつなげたり統合したりするのが私の得意なことで、それが私のミッションだと今では理解しています。

そんな風に、異なる領域のプロジェクトを同時に進行させる場合でも、何かを成し遂げたり、実現するには、やっぱり【一定期間、一点集中】です。つまり、【一定期間に行うことを、最も重要かつ必要な一つに絞る】ということです。

 

何が最優先課題なのかを考える

もう少し具体的に言うと・・実現したいことが幾つかある場合、自分の「夢」の実現にとって、何が最優先課題なのかを考えましょう。

そして、その最優先課題を実現する為に、一定期間内に最優先させてするべきことは何か、それを見極めます。そうして、その最優先させて、するべきことをやると決めた期間(時間)は、とにかくそれに集中する、ということです。その仕事に全力を集中するわけです。

私達は、子育てや家事、家族のケア、人間関係の課題などに、同時に対処する必要があります。だから、それでなくても私達は、マルチタスクを強いられているわけです。なので、仕事やプロジェクトで実現しようとすることについては、一定の期間、一点集中で、意識とエネルギーと体力と時間の全てを、その一つに捧げましょう。

 

最優先課題の選び方

【一定期間に行うことを、最も重要かつ必要な一つに絞る】場合、何に的を絞るかということが課題になりますが、それを見極める上で役に立つ質問があります。それは・・・

「それをすることで、他のすべてがもっと容易になるか、不必要になるような私ができる『一つのこと』は何か?」(ゲアリー・ケラー『ワン・シング』SB Creative, p. 113) です。

これは、夢実現の為の意図の設定にとっても、とても有益な質問なのです。そしてこれは、目的達成だけでなく、過去のトラウマの解放や、心の浄化や癒しについても使えます。

この質問を言い換えると、

「それを実現する上で、他のすべてがもっと容易になるか、不必要になるような私にできる『一つのこと』は何か?」そんな質問になるかもしれません。

この質問を自分に問いかけて、自分で決めた一定期間、例えば、1ヶ月間とか、1週間とか、或いは、一日の何時間かを、その最優先事項に一点集中しましょう。

ロマンチックな七夕の願い事の話から、願い事を実現するには、という実践的な話になりましたが、今年後半を、こんなことに気をつけながら、自分だけの【夢】を実現していきましょうね!素敵な七夕の夜をお過ごしください〜!
アマナ

 

スピリチュアルヒーリングとスピリチュアルコーチングのDr.アマナのTOPへ戻る

Copyright © ルミナクリエイション All Rights Reserved.

Log in with your credentials

Forgot your details?